金沢市の完全予約制整体 整体院kikiの小柳です。

 

 

 

 

 

 

みなさんが思う「良い姿勢」ってどんな姿勢でしょうか?

 

また、一般的に言われている「良い姿勢」ってどんな姿勢を思い浮かべますか?

 

 

 

 

 

おそらく、多くの方は「良い姿勢」と聞くと

 

巻き肩や猫背にならないように

 

 

「胸を張って肩を開いた姿勢」

 

 

 

が「良い姿勢」だという認識があるのではないでしょうか?

 

 

 

 

動画でご説明していますので、詳しくはこちらをご覧ください!

 

 

実は「良い姿勢」があなたのカラダを固めている!?

 

しかし!!

 

 

実は一般的に言われる「良い姿勢」をすると

 

 

カラダは固まってしまうんです!!

 

 

 

 

 

今までは「良い姿勢」といえば、、、

 

「胸を張って肩を開くこと」

 

が一般常識とされ、それが本当に正しいのかなんて疑うことすらしませんでした!

 

 

 

 

 

 

そこで今回は、自分自身のカラダを動かして

 

一般常識の「良い姿勢」は本当にカラダに良いのか?

 

を体感して、確かめてみましょう!

 

実際にカラダを動かして体感してみましょう!

 

お辞儀をする動作(前屈)で動きの違いを感じてみましょう!

1、まずは胸を張り、肩を開いた姿勢でお辞儀をしていく

 

 

・お辞儀をする時のカラダの倒しやすさ

・お辞儀をした時の太ももの裏やふくらはぎの張り

 

などを感じてみてください。

 

2、一般的な「良い姿勢」とは逆の姿勢(肩を狭めて、やや前に入れる)で行う

 

まずは【肩を狭めて、肩をやや前に入れた姿勢】を作る!

①両手を前に伸ばし、前習いの形をする。

 

 

 

②手のひらが外側を向くように返す。

 

 

 

 

③手のひらを返したまま、腕を後ろに引いていく。

 

 

④肩を狭めて、肩をやや前に入れた姿勢を作り

その姿勢のままお辞儀をしていく。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

おそらく、肩を開いた後ろに広げた姿勢よりも

 

肩を狭めて前に入れた姿勢の方が

 

お辞儀がしやすかったのではないでしょうか?

 

肩を開いた姿勢はカラダに無理をかけている!!

 

 

一般的な良い姿勢と言われる胸を張って肩を開いた姿勢」

 

 

背中の筋肉が過剰に緊張してしまい、カラダ全体がガチッと固まってしまいます。

 

 

 

 

そのため、カラダの柔軟性が低下し、スムーズに動作を行うことができなくなります。

 

 

 

果たして、カラダが固まり、動きにくい姿勢が

 

本当に「良い姿勢」なのでしょうか??

 

 

 

 

一見見た目は良く見えますが、実はカラダには無理をかけていたんですね!

 

 

 

 

 

良かれと思ってやっていた「良い姿勢」が

 

実は知らず知らずのうちに

 

あなたのカラダの不調の原因になってしまっていたのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

だからと言って、腕をずっと後ろに引いたらいいのか?

 

と言ったら当然そんなことありません!

 

 

 

 

 

 

大事になってくるのは

 

「肩(肩甲骨)の位置」

 

です!

 

 

 

 

 

腕を後ろに引かなくても

 

肩がやや前に入り、肩甲骨が前に倒れた状態

 

を作ることができれば良いのです!

 

 

 

 

 

 

 

そこで次回は

 

「肩(肩甲骨)の位置を整えるセルフケアの方法」

 

 

をお伝えいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

======================

金沢市の完全予約制整体 整体院 kiki

金沢市三社町3−10(金沢駅から徒歩約10分)

9:00〜21:00  不定休

TEL:090-8098-2244

Mail:kanazawa@kiki-seitai.com

 

ご予約はお電話もしくはオンライン予約をご利用ください。

オンライン予約はこちら

=====================