金沢市の完全予約制整体 整体院kikiの小柳です。

 

 

 

 

先日患者さんからこのようなご質問を頂きました。

 

「ヨガの先生から”骨盤が後傾(後ろに倒れる)している”と言われるが、骨盤を起こすにはどうしたらいいですか??」

 

 

おそらく、同じようなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

 

 

そこで、今回は「骨盤を起こす時に意識すると良いポイント」をお伝えしていきます。

 

骨盤を起こそうとすると腰が反ってしまう・・・

 

後ろに倒れている骨盤を起こそうとする時に多くの場合は

腰を反って骨盤を起こそうとします。

 

 

 

すると、後ろに倒れていた骨盤が起き上がってくるのですが、、、

 

しかし、腰を反って骨盤を起こした姿勢を維持するのはつらくないですか?

 

 

なぜなら、腰を反って骨盤を起こそうしてしまうと

腰や背中の筋肉が過剰に緊張してしまうからです。

 

 

実際に腰を反った状態で、腰の筋肉を触れてもらうと

ガチガチになっているのがわかると思います。

 

 

本来なら骨盤を起こすためには

お腹の奥にある「大腰筋」などのインナーマッスルが優位に働く必要があります。

 

【大腰筋】

 

しかし、腰を反って骨盤を起こそうとしてしまうと

本来優位に働くべき筋肉が働かずに、余計な筋肉に緊張が入ってしまいます。

 

 

 

そのため、腰を反って骨盤を起こすことをすると

腰が痛くなったり、背中が張ってきたりしてしまいます。

 

骨盤を起こす時に意識すると良いポイントとは?

 

骨盤を起こそうとすると、腰が反ってしまう、、、

そんな時は意識を骨盤からあるポイントへ変えます。

 

 

多くの場合、骨盤を起こそうとすると骨盤ばかりに意識がいってしまいます。

そのため、骨盤を起こそうとすると腰が反ってしまいます。

 

 

では、骨盤を起こす時に意識してもらいたいポイントとは、、、、

 

 

 

「胸骨」です。

 

 

人間のカラダは全て連動して動くものなので

骨盤を起こす時にはこの「胸骨」も連動して動きます。

 

 

骨盤を起こそうとする時に「胸骨」を意識して

胸骨を上に引きあげるように動かします。

 

 

すると、その胸骨の動きにつられて骨盤が動いていきます。

そこを意識して動かすのと、連動して動くのではカラダの使い方が全く違ってきます。

 

 

骨盤を起こそうとする時には「胸骨」に手を当て

胸骨を引き上げるような意識で動かすと骨盤は自然と起きてきます。

 

 

 

意識の使い方を変えるだけで

カラダの動きは大きく変わってきます!

 

 

 

今回は少し難しい内容になってしまいましたが

骨盤を起こそうとすると、腰が反ってしまう、、、という方はお試しください。

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

=======================

金沢市の完全予約制整体 整体院 kiki

金沢市三社町3−10(金沢駅から徒歩約10分)

9:00〜21:00 不定休

ご予約はお電話もしくはオンライン予約をご利用ください。

TEL:090-8098-2244

オンライン予約はこちら

=====================