金沢市の完全予約制整体 整体院kikiの小柳です。

 

 

 

今回は本日お越しいただいた寝違えの女性の患者さんの症例をご紹介していきます。

 

 

金沢市にお住いの30代 女性の患者さん。

普段は事務をされており、慢性的に肩こりや頭痛など症状があるとのことでした。

「今朝から首が回らなくて…」

そう言って痛そうに首を押さえ来院されました。

 

 

 

朝の通勤時に車に乗っていて、バックをする際に後ろを振り向こうとしたら痛みを感じたそうです。

 

 

その後は職場で誰かに呼ばれても後ろを向くことができず、ロボットのようにぎこちなく動いていたようです。

 

 

首の動きを確認するために左右へ振り向く動作をしていただきました。

「首だけ右を振り向くように動かしてみてください」と声をかけると、右へ振り向く時はさほど痛みなく向くことはできました。

 

 

しかし、「じゃあ、同じように左側に向いてみましょうか」と左を向こうとすると首が回らないため体ごと一緒に回っちゃっていました。

 

 

いやいや、首が全然動いてないですけど、、、(^^;)笑

左側に首を倒してもらう動きも痛みがあり、これまた全然倒すことができていない。

首は一切触らずに施術していく!

 施術をする前に姿勢を見ていくと体は左に傾いているのがわかりました。

そのことから「左側の太もも外側」の筋肉がガチガチに固まっていました。

 

 

 

まずは、左側の太もも外側へ施術していきます。

 

 

そして、もう一度首を動かしてもらうと「あっ!向ける!!」「後ろが見える!」と先ほど左側へ痛みなく向けるようになられていました。

 

 

しかし、首を左に倒してもらうと「これはまだ痛いね!」と顔を歪ませていらっしゃいました。

 

 

 

次に左上肢を施術してみるが、「うーん、さっきよりは楽だけど、まだ痛いかな…」

 

 

そこで、お仕事の事や体調面の事など何かここ数日間で変わったことはなかったか?

お話をお聞きすると、「昨日婦人科で検査をしたので少しお腹が痛い。」とおっしゃっていました。

 

検査をすると炎症が起きやすく、炎症を抑えるお薬をもらって飲んでいるともおっしゃっていました。

 

 

それをヒントに見ていくと、鎖骨のすぐ下のあたりに一箇所押すと強い痛みを訴える箇所がありました。

 

 

 

ここからは推測でしかありませんが、炎症を起こしているためにお腹の筋肉の緊張が高い状態のため、繋がっている「大胸筋」「鎖骨下筋」などの筋肉の緊張も高まってしまっていたのかもしれません。

 

 

実際に鎖骨のすぐ下の押すと強い痛みを訴える箇所を押してもほとんど痛みがない状態まで施術していき、首を左に倒してもらうと「えっ!?痛くない!!」と目を丸くしておっしゃいました。

 

 

結局、首は一切触らずに施術が終了しました。

 

寝違えの原因は「首」にあらず!!

今回は痛みの出ている「首」は触れずに首の痛みがなくなってしまいました。

 

 

つまり、この方の「首の痛みの原因は首にはなかった」という事ですね。

 

 

多くの方が「首が痛い」となった時に痛みのある「首」に目が行きがちになります。

しかし、首に痛みが出ていることはあくまで「結果」であって「原因」は他のところにあります。

 

 

人間の体はどこか一箇所に不都合が生じると、そこをかばう(代償する)ように他のところへ負荷がかかってきます。

その結果、離れたところに痛みを生じてしまうがよくあります。

 

 

「なぜ、首に痛みが出ているのだろう?」

この「なぜ?」にという原因に目を向け、向き合っていく事が大切になります。

 

 

「もうこの症状が改善することはないのかも…」「これからずっとこの症状と付き合っていくしかないのか…」と諦めている方は「なぜ?」という原因に一度目を向け広い視点で体を見ていくと、改善のヒントを見つける事ができるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

======================

金沢市の完全予約制整体 整体院 kiki

金沢市三社町3−10(金沢駅から徒歩約10分)

9:00〜21:00 不定休

ご予約はお電話もしくはオンライン予約をご利用ください。

TEL:090-8098-2244

オンライン予約はこちらからhttps://goo.gl/8yb33p

======================