金沢市の完全予約整体 整体院kikiの小柳です。

 

今回は「肩こり・首こりと股関節の関係」についてお伝えしていこうと思います。

 

肩や首が凝ってくるとついつい凝っているところに手が伸び、そこをグイグイと押したり、揉んだりすると思います。

このように多くの方は凝っているところに意識が行きやすくなります。

 

しかし、「肩や首が凝る」というのはあくまで結果でしかありません。

「なぜ、そこが凝ってしまうのか?」という原因が見過ごされがちになっています。

 

「結果」にだけアプローチしていても、「原因」が取り除かれなければ、また同じことが繰り返されてしまいますよね。

 

肩こり・首こりを解消するために大切なことは「なぜ、凝ってしまうのか?」という原因を見つけることです。

では、その原因は探して行く時に「身体の繋がり」を知っているととても便利です。

「股関節」と肩こり・首こりの関係

ブログのタイトルにもあるように肩こり・首こりで知っておくと良い身体の繋がりとは、、、

「股関節」です

 

肩こりと全然関係ないやん!と思われるかもしれませんが、実はとても関係が深いんです。

 

肩こりの患者さんの多くが股関節の動きが悪くなってしまっています。

 

しかし、多くの方がそれに気づけていません。

実はそういったご自身では自覚がないところの異常が肩こりや腰痛などの身体の不調の原因となっていることが非常に多いんです。

 

では、なぜ肩こりや首こりに股関節が関係するのか?

 

 

「肩関節」と「股関節」の筋肉は繋がっている!

 肩関節の動きに関係する筋肉の中で胸の筋肉の「大胸筋」と背中の「広背筋」という筋肉があります。

肩こりの方の多くは、この2つの筋肉が固まってしまっています。

 

「大胸筋」は鎖骨や胸骨、肋骨から上腕骨にくっ付く、腕の付け根の筋肉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「広背筋」は背骨や肋骨、骨盤から上腕骨にくっ付く非常に大きな背中の筋肉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この2つの筋肉は筋膜によって繋がっており、お互いが影響し合っています。

これらの筋肉が固まってしまうと肩関節の動きを悪くしてしまいます。

また、大胸筋が固まると肩が内側に入る「巻き肩」になりやすく、猫背など姿勢の崩れを助長してしまい肩こりを感じやすくなります。

 

そして、この2つの筋肉を起点として股関節まで繋がって行きます。

 

身体の前面では、、、

大胸筋(胸の筋肉)」ー「 腹直筋(お腹の筋肉)」ー「 長内転筋(内ももの筋肉)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、身体の前面では胸から内ももの筋肉まで筋肉は繋がっています。

「長内転筋(内ももの筋肉)」は股関節を骨盤(恥骨)から大腿骨までくっ付き、股関節の動きに関与します。

 

 

 

では、身体の後面ではどうなっているのかというと、、、

広背筋(背中の筋肉)」ー「大殿筋(お尻の筋肉)」ー「外側広筋(太ももの外側の筋肉)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように身体の後面では、背中から太ももの外側の筋肉までが繋がっています。

「大殿筋(お尻の筋肉)」「外側広筋(太ももの外側の筋肉)」も股関節の動きに大きく関わってきます。

 

身体の前面と後面で肩周りの筋肉と股関節周りの筋肉は繋がっているんですね!

 

 

ということは、、、、

股関節周りの筋肉が固まってしまうと、「大胸筋」や「広背筋」などの肩周りの筋肉まで固まってしまい肩こりや首こりを招く要因となります。

 

 

そのため、肩こりや首こりの症状を訴えられる方の多くが股関節の動きが悪くなっていたり、あるいは股関節に痛みや違和感があるなんて方も少なくありません。

 

 

 

肩こりや首こりでお悩みの方で肩や首周りをマッサージやストレッチをしてもなかなか改善されないという場合は「股関節」を見落としていませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

======================================

金沢市の完全予約制整体 整体院 kiki

金沢市三社町3−10(金沢駅から徒歩約10分)

9:00〜21:00 不定休

ご予約はお電話もしくはオンライン予約をご利用ください。

TEL:090-8098-2244

オンライン予約はこちらから:https://goo.gl/8yb33p

======================================