金沢市の完全予約整体 整体院kikiの小柳です。

 

 

前回の記事では「肝臓と肩こり」についてお伝えしましたが

今回は肝臓の続きで「肝臓と女性ホルモン」について書いていこうと思います。

 

当院には肩こりの患者さんがたくさんご来院されますが、特に女性の多くは肩こり以外の「生理痛」「PMS」といったお悩みも多く聞かれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肝臓は肩こりにも関係してきますが、女性ホルモンとも関係がありますので生理痛やPMSの症状に対しても肝臓の調整を行なっていきます。

 

女性ホルモンが増えすぎるのはよくない!?

女性ホルモンには「エストロゲン」「プロゲステロン」の2種類があり、これらがバランスをとりながら分泌されています。

 

女性ホルモンが分泌されることで、髪や肌がツヤツヤになったり、自律神経が安定したり、骨を丈夫にしたり体には良いことはたくさんあります。

 

しかし、多ければ良いのかというとそうではありません!

エストロゲンの分泌量が多すぎると生理痛やPMSが重くなってしまったり、乳がんや子宮がんのリスクが高まるといわれています。

 

「エストロゲン」と「プロゲステロン」がバランスよく分泌されることが大切になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大豆などを食べると女性ホルモンが増えて「美容」や「妊娠しやすい」などと言われますが、過剰摂取には気をつけてくださいね。何事もほどほどが大事ですね!

 

女性ホルモンが増えすぎると肝臓が疲れる!?

女性ホルモンの中でも特に「エストロゲン」は肝臓を刺激するホルモンになります。

エストロゲンは卵巣から分泌され、排卵期に最も多く分泌されます。

 

女性ホルモンはコレステロールを元に作られますが、そのコレステロールを作り出すのが肝臓になります。

そのため、肝臓は排卵期に増えすぎたエストロゲンを均一化する働きがあり、排卵期になると疲労しやすくなります。

 

その結果、肝臓の働きが悪くなり、エストロゲンの分泌が過剰になりやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エストロゲンの分泌が過剰になると生理痛やPMSなどの症状が重くなってしまいます。

 

肩こりは比較的女性に多い症状ですが、肩こりに伴って辛い生理痛やPMSなどの症状がある方は「肝臓」がお疲れ気味で働きが悪くなっているのかもしれません。

 

内臓は身体の外から目には見えませんが、常に身体の健康維持するために働き続けています。

目には見えないところで常に頑張ってくれている内臓に目を向けてあげることで身体の不調を解消することができます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

======================================

金沢市の完全予約制整体 整体院 kiki

金沢市三社町3−10(金沢駅から徒歩約10分)

9:00〜21:00 不定休

ご予約はお電話もしくはオンライン予約をご利用ください。

TEL:090-8098-2244

オンライン予約はこちらから:https://goo.gl/8yb33p

======================================