金沢市の完全予約制整体 整体院kikiの小柳です。

 

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!

年明けからたくさんの方にご来院いただきありがとうございました!

2018年は整体院kikiは地域の皆さまのお身体のお悩みを解決できるように精進して参ります。

本年も何卒よろしくお願い致します!

 

 

ところで、今日の金沢は大荒れです。

吹雪いていて運転していても前が見えないくらいです。

ご来院いただく方はお足元に気をつけてお越しください。

通勤やお出かけで車の運転をされる方も安全運転でいきましょう。

 

 

さて、年明け始めてもブログは「デスクワーク中の肩こりからくる頭痛」ついてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院に来られる患者さんで男性・女性問わず「肩こり」が一番多いのですが、そんな肩こり患者さんの多くが訴えられる症状が「頭痛」です。

 

「長時間パソコンやスマホをしていると肩が凝ってきて頭痛がしてくる」

そんな訴えが多くあります。

ひどい方であれば気分が悪くなったり、吐き気がしてくるなんてこともあります。

眼球運動と首の動き

実は長時間のパソコンやスマホをしていると頭痛になるケースは

「眼球運動」つまり、目の動きが関係しています。

 

眼球運動に伴い、後頭部の首の付け根に位置する「後頭下筋」という筋肉が働きます。

後頭下筋が固くなってしまうことで頭痛を引き起こしてしまいます。

後頭下筋とは?

後頭下筋は正確に言うと、「後頭下筋群」と言い、4つの筋肉が集まって構成されています。

「大後頭直筋」「小後頭直筋」「上頭斜筋」「下頭斜筋」の4つの筋肉からなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「後頭下筋群」と「眼球運動」には密接な関わりがあります。

例えば、顔を右に向ける時に眼球がどのような動きをしているかと言うと

右を向く時は眼球が先行して右に動き、その後首が回って顔が右へ向いていきます。

 

つまり、顔を横に向ける際には眼球運動が先行し、その後首が動くという形になります。

眼球運動と首の動きと関係していることを体感してみましょう!

1、まずは何もせず、顔を右に向けてみます。

向きやすさを覚えておいてください。

 

2、次に(顔は前を見たまま)目だけ左を見るように動かします。

 

3、目だけは左を見続けたまま、顔を右へ向けるように首を右に動かします。

眼球運動と首の運動を逆に動かしてみます。

 

 

すると、どうですか?

目は左を見続けてまま、顔だけ右に向けようとするとすごく向きづらかったのではないでしょうか?

目の使い過ぎから頭痛になる!?

デスクワークでパソコンの画面上の文字を目で追ったりする際に眼球運動に首が微妙に動きます。

このように眼球運動に伴う首の動きを微妙に調節しているのが「後頭下筋群」になります。

 

つまり、長時間パソコンやスマホをしていると肩が凝ってきて頭痛がしてくるという方は

この「後頭下筋群」が固まってしまっています。

 

後頭下筋群の周囲には椎骨動脈という太い血管が通っています。

後頭下筋群が固くなることで血管を圧迫してしまい、その結果頭痛になるといったことがよくあります。

 

また、後頭下筋群が位置する場所には目や耳などを支配する神経が密集しているため、後頭下筋群が固くなることで「目が疲れる」「目の奥が痛い」「目がかすむ」あるいは「耳鳴り」など目や耳の症状を訴えられる方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、姿勢の問題も大きく関係していますが、特にデスクワークなどでパソコンの画面を見続けている方はこのように眼球運動も頭痛に大きく関わっています。

 

 

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

======================================

金沢市の完全予約制整体 整体院 kiki

金沢市三社町3−10(金沢駅から徒歩約10分)

9:00〜21:00 不定休

ご予約はお電話もしくはオンライン予約をご利用ください。

TEL:090-8098-2244

オンライン予約はこちらから:https://goo.gl/8yb33p

======================================