金沢市の完全予約制整体 整体院kikiの小柳です!

 

 

 

たくさんの肩こりの患者さんを見ていく中で共通するあることに気が付きました!

そこで今回は「肩こりの人の共通点」についてお伝えしていこうと思います。

 

肩こりの人は「〇〇が甘い!」

 肩こりの人は身体のある部分が甘くなっています。

甘くなっていると言うのは、辛いとかすっぱいとか甘いの「甘い」ではなくて、ある部分への意識が足りないという意味ですね(^^;)笑

 

 

どこが甘くなっているのかというと、、、「脇」です!

 

 

 

一般的にも用心が足りないことを「脇が甘い」と言いますが、まさにこの「脇」への意識が足りていない「脇が甘い」人が多いようです。

 

 

「脇が甘い」とはどういうことか?

 

それは簡単にいうと「脇が開いている状態」です。

 

 

 

もう少し専門的に言うと、「前鋸筋」という筋肉が関係しています。

肩甲骨から脇の下の肋骨にベターっとへばりついているような筋肉で肩甲骨の動きに大きく影響を与えます。

 

 

 

 

つまり、脇が開いている状態の「脇が甘い」というのはこの「前鋸筋が働いていない」ことを指します。

 

肩こりと「脇」の関係とは?

 「脇が甘い」とは前鋸筋の働いていない状態。

前鋸筋がしっかりと働けば自然と肩の力が抜け、脇が閉まります。

 

 

試しに「脇」を大きく開いてみてください。

脇を大きく開いていくと肩に力が入ってくるのが感じると思います。

 

 

脇が開き、前鋸筋が働いていない状態では僧帽筋や三角筋といった肩周りの表層の筋肉の緊張が高まり、肩こりを感じやすくなります。

 

 

 

普段なかなか意識をすることがありませんが「脇」は人間の身体において実は重要な場所になります。

 

スポーツをされていた方は「脇を閉めろ!」なんて言われたことがあるかもしれません。

一般的にも用心が足りないことを「脇が甘い」と言いますよね?

 

肩こり解消は「脇」への意識から!

「脇」へ意識を向けると言っても、最初はなかなか難しいと思います。

 

 

まずは簡単なことからやってみましょう!

1、バンザイをして手を挙げた時の重さを感じてみてください。

2、脇の下から肋骨に沿ってを軽くさする。

3、もう一度手を挙げてみる。

 

 

いかがでしょうか?脇の下をさすると手が挙げやすくなったり、軽く感じませんでしたか?

脇の下をさすることでそこに意識がいきやすくなり、前鋸筋が優位に働きます。

前鋸筋が優位に働くと表層の僧帽筋や三角筋の緊張は抜け、余計な力が抜けやすくなります。

 

 

つまり、肩が凝りやすい人は脇が開いた状態で常に肩に余計な力が入ってしまっています。

肩に力が入っているのはわかるけど、抜き方がわからないなんて方もいると思います。

 

 

そんな時は「脇」へ意識を向けるだけで肩に入った余計な力を抜くことができ、なおかつ肩が凝りにくい身体を作ることが出来ます!

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

===========================

金沢市の完全予約制整体 整体院 kiki

金沢市三社町3−10(金沢駅から徒歩約10分)

9:00〜21:00 不定休

ご予約はお電話もしくはオンライン予約をご利用ください。

TEL:090-8098-2244

オンライン予約はこちらからhttps://goo.gl/8yb33p

===========================