金沢市の完全予約制整体 整体院kikiの小柳です。

 

 

 

 

当院にお越しの患者さんで「身体を柔らかくしたい」と言われる方が結構多くいらっしゃいます。

 

 

お話をお聞きすると

 

「昔から身体が硬くて、いくらストレッチをしても柔らかくならない」

 

とおっしゃいます。

 

 

 

身体を柔らかくしたいけど、いくらストレッチをしても柔らかくならないそんなあなたへ

今回はストレッチをしなくても身体の柔らかくする方法の一つをご紹介していきます。

 

 

自分で無意識に身体を固めている!?

身体が硬い人は無意識に身体に余計な力が入ってしまっています。

 

無意識なのでご自身ではなかなか気づかないことが多いのですが、実は自分で身体を固めながら動いてしまっているので、当然動きも硬くなります。

 

 

そもそも理想の身体の状態とは

「力が入るべきところに力が入り、抜けるべきところは抜けている」

ことが大切になります。

 

 

 

どういうことか?

 

力が入るべきところとは、、、いわゆる「インナーマッスル」になります。

インナーマッスルは身体の深いところ(内側)にあり、主に身体を安定させる働きをします。

 

 

抜けるべきところとは、、、、インナーマッスルの反対の「アウターマッスル」

アウターマッスルは身体の外側の筋肉になります。アウターマッスルが主に身体を大きく動かす働きをします。

 

 

つまり、理想的な身体の状態とはインナーマッスルがしっかりと働いて、アウターマッスルの力は抜けていることです。

 

 

しかし、身体が硬い人はこれが逆転してしまっています。

インナーマッスルが上手く働かずに、アウターマッスルに力が入り過ぎている状態です。

こうなると、インナーマッスルが働いていないため身体は不安定な状態になり、その分アウターマッスルで身体を支えようとするために過剰に力が入ります。

 

 

 

イメージすると、身体の外側の筋肉ばかりに余計な力が入り、ガチガチに硬くなるので重たい鎧を着て動いているような感じです。

 

当然動きは硬くなるし、重たい鎧を着ているので疲れるし、肩や腰など身体は凝りやすくなりますよね。

 

 

このように無意識のうちに自分で身体を固めてしまっているのです!

 

 

「疲れが抜けない」

「身体がいつも重だるい」

「肩や腰が凝りやすい」という人も同じような状態です。

 

ストレッチをしないと柔らかくならないと思っていませんか?

多くの方が身体を柔らかくするためにはストレッチをしなくてはいけないと思っています。

 

 

しかし、先ほどお伝えしたように

「力が入るべきところに力が入り、抜けるべきところは抜けている」

つまり、インナーマッスルがしっかりと働いて、アウターマッスルの力は抜けている

状態を作ることができれば、実はストレッチをしなくても身体の柔かくなります!

 

 

インナーマッスルがしっかりと働いて、アウターマッスルの力は抜けている状態をつくるために大切になるのが「身体の使い方」です。

 

 

 

身体が硬い人は余計な力が入り過ぎていて身体を固めてしまっているため、その余計な力を抜くことができれば良いわけです!

 

しかし、この「力を抜く」ことが意外と難しいんです!

そこで今日は簡単に「力を抜く」ための方法をお伝えします。

 

 

舌の位置を変えるだけで身体が柔らかくなる!?

実は身体の力を抜くために「舌の位置」が大きく関係しています。

 

 

まずは自分の舌の位置を感じましょう!

1、軽く口を閉じます。

2、その時に舌がどこに付いているか感じてください。

 

どうですか?あなたの舌はどこに付いてますか?

 身体の硬い人の多くは下の歯に接していたり、下顎を押していることが多いです。

つまり、身体が硬い人は舌の位置が下がってしまっていることが多いです。

 

 

正常な舌の位置は

「上顎にふんわりと付いている状態」(舌先が上の前歯のすぐ後ろの歯茎につく)になります。

 

舌の位置を変えて柔軟性をアップさせてみましょう!

 

1、立った状態で軽く口を閉じてから前屈(お辞儀)をしてみましょう。

この時に反動を付けたりせずに、楽に曲げれるところまで曲げてみましょう。

曲げやすさや足のツッパリ感を感じておいてください。

 

 

 

 

2、次に同じように立った状態で軽く口を閉じてから、舌を「上顎にふんわりと付ける」(舌先が上の前歯のすぐ後ろの歯茎につく)ようにします。そのまま、前屈(お辞儀)をしてみましょう。

 

 

 

 

いかがでしょうか?

先ほどよりも前屈しやすくなっているのではないでしょうか?

 

 

 

 

舌の位置を変えることで身体に入っている余計な力を抜くことができます!

 

「力が入るべきところに力が入り、抜けるべきところは抜けている」

 

 

つまり、インナーマッスルがしっかりと働いて、アウターマッスルの力は抜けている

状態を作ることが出来ます。

 

すると、ストレッチをしなくても身体の柔軟性がアップします!

 

 

 

また、スポーツをされている方でついついプレー中に力みが入ってしまうなんてことありますよね?

そんな時も舌の位置が上がっていると力みが抜け、より良いパフォーマンスを発揮することが出来ます!

 

 

 

ちょっとした「身体の使い方」を変えるだけで簡単に身体は動きやすくなります!

当院ではこの「身体の使い方」を変えて、身体の根本から疲れにくく、凝りにくい身体作りを目指しています!

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

=====================

金沢市の完全予約制整体 整体院 kiki

金沢市三社町3−10(金沢駅から徒歩約10分)

9:00〜21:00 不定休

ご予約はお電話もしくはオンライン予約をご利用ください。

TEL:090-8098-2244

オンライン予約はこちらからhttps://goo.gl/8yb33p

=====================