金沢市の完全予約制整体 整体院kikiの小柳です。

 

 

肩こりでお悩みの方の多くがとても「姿勢」を気にされています。

多くの方が「猫背なんです…」「姿勢が悪くて…」とおっしゃいます。

 

 

 

そこで今回は「良い姿勢」についてにお伝えしていこうと思います。

これは長くなりそうなので、2回に渡ってお伝えしていきます。

 

 

姿勢が悪いと「胸を張れ!」「背すじを伸ばせ!」とよく言われます。

 

しかし、背すじを伸ばして胸を張った姿勢が果たして本当に良い姿勢なのでしょうか?

 

 

そもそも「良い姿勢」とはどのようなものなのでしょうか?

 

「良い姿勢」とは?

 

「良い姿勢」と聞くと、皆さんはどのような姿勢だと思いますか?

 

 

おそらく、「背すじをピンと伸ばし、胸を張った姿勢」

と答える方が多いのではないでしょうか?

 

 

たしかに「背すじをピンと伸ばし胸を張った姿勢」は見た目は非常に美しく見えます。

 

しかし、実は「背すじをピンと伸ばし、胸を張った」姿勢は

カラダに大きな負担をかけてしまっているのです。

 

 

つまり、「良い姿勢」と一言で言っても

「見た目の良い姿勢」と「カラダにとって良い姿勢」は違うということです!

 

 

では、「見た目の良い姿勢」と「カラダにとって良い姿勢」とでは

どのような違いがあるのでしょうか?

 

「背すじを伸ばせ」「胸を張れ」これって本当!?

皆さんはこんな経験ありませんか?

 

 

「姿勢を良くしようと背すじを伸ばすが、気づいたら元に戻ってしまう…」

 

 

そうなんです!

「背すじをピンと伸ばし、胸を張った姿勢」は長続きしないのです。

 

 

姿勢を良くしようと背すじを伸ばし胸を張ると

背骨の両側にある「脊柱起立筋」

肩甲骨を寄せる働きをする「菱形筋」(背骨から肩甲骨の内側に付く)などの筋肉が

過剰に緊張してしまいます。

 

 

【脊柱起立筋】

 

 

 

【菱形筋】

 

 

これらの筋肉が過剰に緊張してしまうと、背骨の動きをガチッと固めてしまいます。

 

 

本来、人間の背骨は横から見るとS字カーブを描いており

衝撃を吸収したり、重力による影響を分散させるために柔軟性があります。

 

 

しかし、背筋を伸ばし胸を張ることで、背骨の動きをガチッと固めてしまい

背骨の柔軟性が少なくなり、負担をうまく分散することができなくなります。

 

 

すると、カラダのどこかに負担が集中してしまい

肩こりや腰痛、膝痛などの故障へとつがります。

 

 

また、菱形筋が緊張してしまうことで

「肩こりの筋肉」と言われる「僧帽筋」が連動し緊張してしまいます。

 

そのため、背筋を伸ばし胸を張っていると肩や背中が余計に凝ってしまいませんか?

 

【僧帽筋】

 

 

 

 

実は「背筋を伸ばし胸を張った姿勢」では一見見た目は良いのですが

筋肉の過剰な緊張によって、カラダには負担のかかる姿勢になってしまいます。

 

 

 

 

では「カラダにとって良い姿勢」とはどのような姿勢になるのでしょうか?

 

 

長くなりますので、次回の記事で「カラダにとって良い姿勢」について

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

======================

金沢市の完全予約制整体 整体院 kiki

金沢市三社町3−10(金沢駅から徒歩約10分)

9:00〜21:00 不定休

ご予約はお電話もしくはオンライン予約をご利用ください。

TEL:090-8098-2244

オンライン予約はこちらから:https://goo.gl/8yb33p

======================