金沢市の完全予約制整体 整体院kikiの小柳です。

 

 

 

腰痛は「腹筋・背筋が弱いからだ」と思い、一生懸命に腹筋・背筋をしているが腰痛が一向に改善しない。もしくはより悪化してしまった。

 

 

スポーツで思うような結果や成績が出ずに「下半身(または上半身)の筋力が足りないからだ」と思い、一生懸命にウエイトトレーニングをしているのになかなか結果につながらない。もしくは体を痛めてしまった。

 

 

こんな経験はありませんか?

 

患者さんやスポーツをしている方にお話を聞くと同じような経験をされている方が多くいらっしゃいます。

 

 

良かれと思ってやったトレーニングが実は逆効果であったり、効果がなかったとしたらこんなに残念なことはありませんよね。

 

 

そこで今回は「腰痛や肩こりなどの体の不調を抱えている人やスポーツで思うように成績が伸びない人が陥りがちな考え方」についてお伝えしていきます。

 

 

腰痛や肩こりなどを抱えている人やスポーツで思うように成績が伸びない人が陥りがちな考え方とは?

腰痛や肩こりなどの体の不調を抱えている人やスポーツで思うように成績が伸びない人が陥りがちな考え方とは、、、

 

「筋肉をつけようとすること」です!

 

 

 

腰痛や肩こり、膝や肩の痛みなどを抱えている患者さんのお話を聞くと

 

 

「腰痛だから腹筋・背筋をやっていたんですけどね、、、」

「膝が痛くて病院に行ったら、太ももの筋肉を付けなさいと言われてスクワットやっていたんですけど、、、」

 

 

などなど皆さん「筋肉がないから痛くなり、筋肉をつけたら良くなる」と思われている方が多いようです。

 

 

または一生懸命スポーツや部活動をされている方も「筋肉をつける」ことでより良いプレーができる、パフォーマンスが上がると思っている方がいます。

 

 

しかし、必ずしも筋肉をつけることで「痛みが良くなるのか」「良いプレーができるようになるのか」というとそれは違います。

 

 

※勘違いしていただきたくないのですが、決して「筋肉をつけることが悪い」といっているわけではありません。

 

 

重要なことは「今のあなたには筋肉をつけることが本当に必要なのか?」ということです。

 

あなたは「力を抜くこと」できますか?

腰痛や肩こりなどの体の不調を抱えている人やスポーツで思うように成績が伸びない人の多くに共通することが体に無駄な力が入っていて、無意識的に体を固めてしまっています。

 

 

そして、その無駄な力を抜くことがうまくできません。

その結果、固まったまま動いてしまうのでどこかを故障したり、自分の思うように体を動かすことができず、良い結果が残せずにいます。

 

 

皆さんは「脱力」というとダラーンと力の抜けた状態を想像されるかもしれません。

 

 

しかし、ここで言う「脱力」とは、”必要最低限”の力で動作を行ったり、姿勢を維持し、体に無駄な力が入っていない状態を言います。

 

 

つまり、「力を入れるところには入れ、抜くところは抜く」ということです。

それができるようになると、無駄な力を使わずに動作を行う、姿勢を維持することができるので体が疲れにくく、凝りにくい身体になります。

 

 

腰痛や肩こりなどの体の不調を抱えている人やスポーツで思うように成績が伸びずに悩み「筋肉を付けなくては」と思われている人は、筋肉をつけるその前にまずは“身体の力を「抜く」””自分の身体を思うように動かせるようになる”というところからスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

無駄な力が入った状態でトレーニングをしても、トレーニングの効率が下がり効果も出にくくなります。

 

またトレーニングをした事で逆に身体を痛めてしまうなんて事もあるかもしれません。

 

 

 

身体の無駄な力を抜くためには重要になってくるのが「意識の使い方」です!

これは少し小難しい話になるので、またの機会にお話します。

 

 

“身体の力を「抜く」”

“自分の身体を思うように動かせるようになる”

ができるようになれば、もっと楽に日常生活を送ることができ快適な毎日を手にする事ができます!

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

==================================

金沢市の完全予約制整体 整体院 kiki

金沢市三社町3−10(金沢駅から徒歩約10分)

9:00〜21:00 不定休

ご予約はお電話もしくはオンライン予約をご利用ください。

TEL:090-8098-2244

オンライン予約はこちらからhttps://goo.gl/8yb33p

==================================