金沢市の完全予約制整体 整体院kikiの小柳です。

 

 

腰痛の患者さんのお話を聞いていると、、、

「腰が痛いのって腹筋がないからですかね?」とか

腰痛だから腹筋・背筋しているんだけどね」とか

「家で腹筋・背筋をした方がいいんですか?」など

 

「腹筋」という言葉を多く耳にします。

 

 

いつからか「腰痛は腹筋と背筋を鍛えろ!」といったことが世の中に広がり、多くの方がそれを信じ腰痛の改善や予防のために腹筋運動行なっています。

 

そこで今回は「腰痛と腹筋運動」についてお伝えしていこうと思います。

 

 

「腰痛は腹筋・背筋を鍛えろ!」これって本当!?

「腰痛は腹筋や背筋が弱っているからですね。腹筋運動をしてください。」

と病院や接骨院などでこのように言われたことがありませんか?

 

 

「腹筋が弱いと腰に負担がかかる」

       ↓

   「腹筋を鍛える」

 

という流れだと思います。

 

しかし、腹筋運動をしても腰痛が改善されなかった、もしくは余計に痛くなってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

 

 

実は、、、「腰痛だから腹筋を鍛える」ことは必ずしも良いとは限りません!

 

私自身も学生時代に腰痛で悩まされていました。

学生時代はずっと野球をしており、トレーニングでもよく腹筋運動はやっていました。

今となっては面影がありませんが、その当時はちゃんと腹筋も割れていましたから、、、(^_^;)笑

 

それだけ「腹筋を鍛える」ということをやっても、肝心の腰痛は改善することなく、私の場合はむしろ年々痛みが増して行く気がしていました。

 

本当に腰痛の原因は腹筋が弱いからなのでしょうか?

本当に腹筋を鍛えることが腰痛の改善になるのでしょうか?

 

 

 

「腹筋運動」というと上記の写真のような膝を立て、上体を起こすような運動をイメージされるのではないでしょうか。

 

このような運動では皆さんがよくご存知の6つに割れる腹筋、つまり、お腹の表層にある「腹直筋」という筋肉を主に鍛えています。

 

 

「腹直筋」を鍛えるとお腹が割れていき、外見上は格好が良くなるかもしれませんが、腰痛の改善・予防という観点で見ると腹直筋を鍛えすぎることはあまり良いとは言えません。

 

腰痛の改善や予防に本当に必要な事とは?

腰へ負担をかけないようにするために、身体を安定させ必要最小限の力で動くことが必要になります。

この身体を安定させるために働くのが「インナーマッスル」と言われる身体の深層に位置する筋肉です。

 

インナーマッスルがちゃんと働いているからこそ身体が安定していて、余計な力や力みが入らずに動作を行うことができるわけです。

 

しかし、このインナーマッスルがうまく働いていないと身体が不安定になり、それを支えようと表層の筋肉に力が入ります。これが余計な力や「力み」を生んでしまいます。

 

 

 

つまり、表層の筋肉が過剰に働いてしまうと深層の筋肉が働きづらく、身体は不安定になり、その結果余計な力が入ったまま動作を行うことになるため腰に負担がかかり腰痛を引き起こしてしまいます。

 

 

腰痛改善や予防に本当に必要なことは「身体の表層と深層の筋肉をバランスよく働かせること」です!

 

身体の使い方を変えて、深層筋を働かせる!

普段何気なくやっている動作も多くの方は表層の筋肉ばかりを使って身体を動かしているため、インナーマッスルがうまく働いておらずに身体に大きな負担をかけながら動かしています。

 

これは車やパソコン・スマホの普及により昔よりも歩く機会や身体を動かす機会が減り、その代わりデスクワークなど座っていることが多くなってきた現代の生活様式ではインナーマッスルがあまり使われずに衰えやすくなっているためです。

 

 

 

 

「身体の表層と深層の筋肉をバランスよく働かせること」と言ってもなかなかピンと来ない方がほとんどだと思います。

 

ですので、まずは体感してみましょう!

 

 

インナーマッスルを意識してお辞儀動作をしてみる!

①お辞儀をするように前かがみになってみてください。

 

②床に手を伸ばしてみます。

この時に床に指先が届きますか?(反動は使わない)

届かない人は床と指先がどのくらい離れているのかをなんとなく覚えておいてください。

 

③太ももの付け根(そけい部)に両手を置きます。

 

 

 

④両手を太ももの付け根に置いたまま前かがみをしていきます。

⑤先ほどと同じように床に手を伸ばしてみてください。(反動は使わずに)

 

 

 

さて、いかがでしょうか?

先ほどよりも床と指先の距離が近くなったり、前かがみがやりやすくなかったのではないでしょうか?

 

 

 

こんなちょっとした事でも身体の動かし方は変わってきます。

これは両手を太ももの付け根に置くことで「大腰筋」というインナーマッスルを働かせたことで前かがみがやりやすくなりました。

この「大腰筋」は腰痛に大きく関係する筋肉になります

 

 

このように身体の表層と深層の筋肉をバランスよく働かせることで、、、

身体に余計な力が入らずに必要最低限の力だけで動くことや姿勢を維持することができるようになります!

 

すると、腰痛の改善や予防だけでなく、身体には負担がかかりにくくなるため疲れにくい身体になっていきます。

 

また、スポーツをされている方などはプレーをする時に力みが入らなくなり、より良いプレーができ、高いパフォーマスへと繋がっていきます。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

===================================

金沢市の完全予約制整体 整体院 kiki

金沢市三社町3−10(金沢駅から徒歩約10分)

9:00〜21:00 不定休

ご予約はお電話もしくはオンライン予約をご利用ください。

TEL:090-8098-2244

オンライン予約はこちらからhttps://goo.gl/8yb33p

====================================