金沢市の完全予約制整体 整体院kikiの小柳です。

 

 

 

「肩が凝りすぎて上を向けない…」

「うがいをする時などに上を向くと首が痛い…」

 

 

 

このような肩こりや首こりを感じたことがある方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

今回は

「上が向けないくらいに肩や首が凝ってしまっている人が固まっているポイント」

についてお伝えしていきます。

肩こりで脚の筋肉が固まる!?

皆さんは「肩こり」や「首こり」というと上半身ばかりを気にしていませんか?

 

 

実は肩こり・首こりは上半身だけの問題ではありません!

人間の身体は「上半身」と「下半身」が全て連動して動いています。

 

 

肩こりであっても、下半身の筋肉がガチガチに固まっている人が多くいます。

 

 

肩こりの方の多くの場合は下記のイラストのような姿勢になっています。

 

 

 

このような姿勢では脚のある場所が緊張しっぱなしになってしまいます。

 

 

そこは…

 

「太ももの裏」と「ふくらはぎ」です!

 

 

上記のイラストを見てもらうと、膝が少し曲がった状態になっています。

膝を曲げる太ももの裏の「ハムストリングス」という筋肉が常に緊張状態にあります。

 

 

この太ももの裏の「ハムストリングス」とふくらはぎの筋肉は繋がっています。

 

 

また、ふくらはぎの筋肉と「ハムストリングス」は

背骨のそばにある「脊柱起立筋」に繋がり、首まで繋がっていきます。

 

 

 

そのため、常に身体の背中側の筋肉が緊張してしまっています。
 
「首が痛くて上が向けない」「肩が凝りすぎて上が向けない」あなたは
ふくらはぎやハムストリングスがガチガチになっているのせいで原因かもしれません。
 

 ふくらはぎをほぐすと上が向きやすくなる!?

実際に体感してみるとふくらはぎが首の動きに関わっているのがわかると思います。

体感してみましょう!

 

 

まずは動きを確認しましょう。

 

①上を向いてみる。

どこまでいくと痛みがあるのか、あるいは向きやすさをなんとなく覚えておいてください。

 

 

②ふくらはぎをストレッチしてみます!

立った状態で両手を壁につきます。

片足を後ろに引き、アキレス腱を伸ばす要領でふくらはぎが少し伸び心地よいくらいのところで深呼吸を2回します。

 

その後、ふくらはぎを5回ほどさすります。

もう一度先ほどの要領でストレッチをして行きます。

これを3回繰り返します。

 

 

③もう一度、上を向いてみる。

どうでしょうか?

先ほどの上を向いた時の痛みや向きやすさに違いがあるかと思います。

 

 

 

このようにふくらはぎの筋肉でも首の動きに大きく関わっているんです!

 

 

いつも言っていることなのですが、、、

肩が凝るから、首が凝るからといって、凝っているところだけをほぐしても改善しないケースが多くあります。

 

 

人間の身体は連動して動くものなので、部分部分だけで見るのではなく

例え首の痛みであっても、身体全体を見ていかなくてはいけないということです。

 

 

あなたの肩こりや腰痛が改善しないのは

実は本当の原因が見逃されているだけなのかもしれませんね。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

==========================

金沢市の完全予約制整体 整体院 kiki

金沢市三社町3−10(金沢駅から徒歩約10分)

9:00〜21:00 不定休

ご予約はお電話もしくはオンライン予約をご利用ください。

TEL:090-8098-2244

オンライン予約はこちらからhttps://goo.gl/8yb33p

==========================